抗がん剤の副作用を軽減する方法|肺がんを早期発見するために知っておくべき初期症状と副作用軽減法|lung cancer

吐き気や脱毛などよく起こる抗がん剤の副作用を軽減する対策法

抗がん剤の副作用を軽減する方法

女医

副作用が起きる仕組み

抗がん剤治療とは、抗がん剤を投与して、全身に広がっているがん細胞や転移しているがん細胞の死滅を促します。がん治療に欠かせない抗がん剤ですが、抗がん剤はがん細胞だけではなく、正常な細胞にも作用するので副作用が起きてしまうのです。

現れやすい副作用

抗がん剤は分裂速度が活発な血液細胞や口腔粘膜、胃腸粘膜、毛根細胞などに作用しやすいです。そのため白血球数減少による貧血や口内炎、下痢、脱毛などが副作用としてよく表れます。

目に見えない副作用もある

吐き気や脱毛などの副作用は、自覚症状がありますが、抗がん剤の副作用の中には自覚症状がない副作用も表れます。自覚症状がない副作用とは、肝機能障害や腎機能障害、骨髄抑制など血液データの数字などに出てくるものです。このような副作用を早期発見するためにも、尿や血液などの定期検査も必要になります。

吐き気の症状を軽減する

抗がん剤の副作用の内、頻繁に起こる症状は「吐き気」「脱毛」です。この症状は様々な対策をすることで、軽減できます。吐き気の対策法としては、医師から処方された制吐剤を服用する、食事の量を少なめにするなどがあります。吐き気が強いと、制吐剤の服用も難しくなりますが、そういう場合は坐薬で投与することも可能です。

女性が特に辛い!脱毛の症状を軽減する方法とは?

脱毛の副作用は、投与する抗がん剤によっては表れないものもあります。脱毛の副作用が出る抗がん剤の場合は、投与日の2週間後~3週間後に起こることが多いです。突然脱毛が起こるので、心の準備ができていないと、精神的に落ち込みやすくなってしまいます。特に女性の場合、ひどく落ち込む可能性が高いので、あらかじめかつらや帽子などを用意しておいたほうが良いでしょう。また、髪への負担を減らすことも大切です。柔らかいヘアブラシに変える、ドライヤーの温度を低めにする、などをして髪への負担を減らすことができます。